長期間かけてアスベストの健康被害が分かる~防水工事中の避難~

アスベストによる健康被害

アスベストを使用した屋根材を修理したり、防水工事で屋根材を撤去したりすることで、コンクリートで固められたアスベストが飛散することもあります。アスベストが飛散すると、子どもや家族が被害に遭います。ここでは、アスベストによる健康被害を紹介します。

アスベストが原因で発症する健康被害

肺がん
アスベストが原因で肺がんになるのは、吸い始めて20~40年後です。アスベスト肺や胸膜肥厚斑の症状がみられるとアスベストが原因の肺がんということになります。アスベストが飛散している環境にいてタバコを吸う人は、肺がんになる確率がかなり上がってしまいます。タバコを吸わない人も、たくさんのアスベストを吸い続けると肺がんリスクが上がります。
悪性中皮腫
悪性中皮腫とは、アスベストが原因で発生する悪性腫瘍のことで、肺を包んでいる膜や腸などの腹部臓器を包む膜に発生します。アスベストを吸い始めると30年~50年後に発症します。この悪性中皮腫は肺を包む膜に発症する人が多くみられます。この病気は肺がんになるときよりも、少量のアスベストで発症する確率があります。

健康被害の発症率

アスベストが原因で肺がんや悪性中皮腫にかかる確率ははっきりと出すことは出来ません。しかし、アスベストを大量に吸ったり、長期間吸い続けていたりすると、病気になる確率が高くなります。しかし、同じ環境にいても病気になる人は少ないです。

防水工事時のアスベスト対策

アスベストが体内に入ったらすぐに病気になるのではなく、発症までに10年以上長い期間が空きます。そして、アスベストを吸った人が必ず病気になるわけでもないので過敏に心配する必要はありません。しかし、子どもの健康のことを考えるとアスベストがない環境に暮らす方が良いでしょう。雨漏りを直すために防水工事を行なう際は、健康被害も考慮して工事が終わるまで避難した方が良いでしょう。

TOPボタン