アスベスト対策が出来る防水工事~費用も抑える~

アスベストを含んだ屋根の防水工事

作業員

屋根の放水工事は、雨漏りしていない場合と雨漏りしている場合で異なってきます。雨漏りをしているなら、アスベストを考慮してカバー工法を行なった方が良いでしょう。ここでカバー工法を行なう屋根の防水工事について見ていきましょう。

雨漏りしてない場合

屋根材が金属の場合、一部で錆が発生してしまうと急激に広がっていきます。屋根に発生した錆は、穴が開いたり、破損したりするため錆を取り除く作業と塗装の塗り替えを行なう必要があります。期間としては、10年~15年で行なうと良いでしょう。

雨漏りしている場合

カバー工法(シート防水)
シート防周防を貼る工程は、もともとついている屋根の上に施工します。シートの下には断熱を敷き、それが下地の役割をするので、その上からシート防水を貼り付けます。この作業は屋根のデザイン上、平らな屋根の形になります。
カバー工法(重ね葺き)
重ね葺きとは主にガルバリウム鋼板を、もともとついている屋根に重ねて施工する方法です。断熱材は敷いても敷かなくても施工は出来ます。屋根材の厚みや塗料に種類があり、種類で品質が違うので、好きな物を選べます。
カバー工法で対処出来ない場合
屋根によってはシート防水や重ね葺きが出来ないことがあります。その際は、ついている屋根を外して新しい屋根材をつける必要があります。しかし、屋根材の処分や施工に費用がかかってしまいます。また、建物がある環境によっては工事出来ないことがあります。

まとめ

シート防水や葺き替えの工法は、もともとの屋根に重ねるため工事にかかる期間が短く、費用を抑えることが出来、断熱や防音性、防水性が強化されます。さらに、アスベスト対策にもなります。アスベストが含まれている屋根材を取り壊すとたくさんのアスベストが飛散します。さらに処分するには費用が大きくかかってしまうので、全て新しくするよりもシート防水や重ね葺きのような工法を行なう方が良いでしょう。

TOPボタン